マーケティングミックスの基礎

・マーケティングミックスとは

マーケティングの目的は、顧客に対する価値を創造しこれを提供することにより、顧客との関係を作り上げ継続的に維持する事です。この一連のアクションは一過性の手法や活動ではなく、複数の企業行動の集合体となります。マーケティングミックスとは、こうしたマーケティングを実現する為に用いられる多種多様な手法と活動の総称です。企業においてマーケティングミックスを具体的に検討する際には、アメリカのマーケティング学者であるエドモンド・ジェローム・マッカーシーが1960年に提唱した「4P」のフレームワークを利用するのが基本となっています。

・マーケティングミックスを整理する4Pフレームワーク

4Pフレームワークとは、Pから始まる4つの戦略を考える事により、漏れなく企業のマーケティング戦略を整理するフレームワークです。製品戦略(Product)、価格戦略(Price)、流通戦略(Place)、広告戦略(Promotion)から構成されます。

製品戦略(Product)

お客様に提供する商品を検討します。商品の名前やパッケージ、具体的なデザインは商品諸元などをターゲットとなる顧客にどのような価値を提供できるかを軸に検討していきます。

また、世の中にある競合製品と比較し、どのような付加価値をつけるか、次の戦略である価格を如何に決定するかも合わせて検討していきます。

価格戦略(Price)

前項で検討した製品を具体的にマーケットで販売する価格を検討してきます。この価格はターゲットとなる市場(お客様)により決定されます。この過程においては「市場がそもそも購入してくれる(価値をみとめてくれる)価格帯なのか」の検討が非常に重要になります。

価格決定の後、該当するターゲットに商品を確実に提供する為の流通戦略を検討していきます。

流通戦略(Place)

私たち一人一人にとって日常的な行動範囲は限定されています。その中でアクセス可能な店舗に並んでいる製品・サービスに、私たちの購買対象は制約されます。流通戦略ではターゲットとなるお客様の行動範囲に確実に商品を並べるべきチャネルを検討していきます。この中には直接販売するモデルを選択するか、代理店による間接販売のモデルを選択するか、この両方を並存していくか(ハイブリットモデル)といった販売手法も合わせて検討する事が重要です。

そして最後に、この商品を如何にして市場に認知させるかの広告戦略を検討していきます。

広告戦略(Promotion)

最後に、ターゲットとなるお客様に最適な媒体を利用して商品の価値を伝える広告戦略を検討していきます。デジタル空間の発展とともに、広告の打ち手が加速度的に増加する中で、企業においては限られた予算をどの広告に投下してリターンを得るか、この活動が短期的な活動でなく中長期を見据えて如何にお客様を育成していくか、カスタマージャーニーの観点が必要となります。