経営理念と経営戦略について

 

経営理念とは

経営理念とは、経営者が表明する企業の行動指針、企業の目的、規範や理想、価値観などを意味した言葉です。この経営理念を通じて、経営者は「この組織は一体何のために存在するか?」といった基本的な考え方を従業員や株主、取引先などの利害関係者に知らしめ、具体的な行動や判断の指針を与える事ができます。

例えば、有名企業の経営理念は以下の様になっています。

リクルート

自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ

Microsoft

世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること

HONDA

常に夢と若さを保つこと

理論とアイディアと時間を尊重すること

仕事を愛しコミュニケーションを大切にすること

調和のとれた仕事の流れをつくり上げること

不断の研究と努力を忘れないこと

株式会社サイバーエージェント

「21世紀を代表する会社を創る」

キリン株式会社

「飲みもの」を進化させることで、「みんなの日常」をあたらしくしていく。

アマゾンジャパン株式会社

地球上で最もお客様を大切にする企業であること

株式会社ポケモン

ポケモンという存在を通して、現実世界と仮想世界の双方を豊かにすること

株式会社 鳥貴族

焼鳥で世の中を明るくする

経営戦略とは

経営戦略とは、その企業の中長期的な計画です。元々、軍事用語であった「戦略」という概念を企業の経営に適用したのは1960年代のアメリカからです。経営戦略には激しい事業環境の変化に柔軟に適用する概念として重視されてきました。経営戦略とは環境への適応のパターンを将来思考的に示す考え方であり、企業内の人々の意思決定の指標となるものでなければなりません。一般的には以下の3つを満たすものでなければいけません。

①企業の将来の方向や企業のあり方に一定の指針を与える構想

②企業と外部環境との関わり方に関するものである事

③企業におけるさまざまな意思決定の指針あるいは決定ルールとしての役割を果たす事