検索結果が上位表示されることによるメリット

普段Webサービスを利用する時、皆さんは直接URLを入力して目的のサイトに行くでしょうか?

GoogleやYahooのような検索エンジンが登場する前は、アドレスバーに直接URLを入力して目的のウェブサイトを訪れるのが一般的でした。

Yahooのサイトを閲覧しようと思いYahooのURLを直接打ち込んで訪問する人は 現在どのくらいいるでしょうか?ほとんどの人が、検索エンジンやツールバーに「ヤフー」や「yahoo」と入力してサイトを検索し訪問しているのではないでしょうか。

Yahooのように有名なウェブサイトでもURLを覚えずに検索経由で訪問されます。どんなに良いウェブサイトを制作しても検索結果上位に表示されなければそのウェブサイトにはなかなか辿りついてもらえないのです。

サイト名や会社名で検索しても、検索結果に表示されない、もしくは1,2ページ目に表示されない。何ページも見てやっと8ページ目の下部に表示されているWebサイトを、ユーザーは、探して見るでしょうか?

検索エンジンの順位で訪問率が大きく変わる

Googleの検索結果1位のクリック率(CTR)は約21%、2位のクリック率(CTR)は約11%です。3位以下のCTRは1桁パーセント台となっています。検索結果1位と2位のクリック率は10%も違います。9位以降はほぼ1%台となっています

※Internet Marketing Ninjas(インターネット・マーケティング・ニンジャズ)のグーグルの検索結果におけるクリック率(CTR)に関する調査レポートより
※CTRは、表示された数(インプレッション数)のうちクリックされた回数(クリック数)の割合です。

このように検索エンジンで表示される順位が下がるとクリック率(CTR)が大きく下がってしまうのです。このクリック率の大きな差がWebサイトが成果を上げられない状況を作ります。目的の成果をあげるためにもSEO対策を行い検索結果の順位をあげることは重要です。

SEO対策とは何でしょうか?

Seach Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略でGoogleやyahooのような検索エンジンのルールに最適化したwebサイトを作ることで対象のwebサイトを検索結果の上位に表示させ訪問者数を増やすことを意味します。

自分の会社が扱っている商品 例えばカメラ販売会社のwebサイトで「カメラ 販売」「カメラ 新宿」などをキーワードの検索上位に表示できれば、多くの検索ユーザーが自社のWebサイトに訪問してくれるようになり、売上が期待できます。

SEO対策とは検索エンジンのロジックに対してポイントを積み上げ検索結果の上位に表示させる施策のことです。