データは砂浜の一粒にすぎない

あなたが発信した情報は、砂浜にある一粒の砂と同じです。

情報過多の時代に
あなたの一粒を見つけてもらえるでしょうか?

それでは、どうやってその一粒(情報)を見つけてもらえばいいのでしょう。

情報を探している人は、欲しい情報が決まっています。
自分の欲しい情報ならユーザーから必死になってその情報までたどり着くでしょう。
つまり、リスティング広告やディスプレイ広告でユーザーの目につきやすい場所に表示させることであなたの情報はすぐにユーザーのもとに届きます。

しかし、あなたの情報が新しく今までにないものだったらどうでしょうか?
ユーザーはその物自体を知りませんので検索することもなければ、見つけることもできません。

また、SNSなどをゴロゴロしながらながら見をしているユーザーは自分の趣味や面白いと思う記事、たとえ広告でもしっかりと読んでくれます。この記事は、闇雲に出稿して出している広告ではありません。ユーザーの嗜好を考えセグメント配信された広告になります。

今、Web上で掲載されている広告の多くは、セグメントされたものあるいは、あなたの嗜好をAIが計算して出されている広告です。
つまり情報過多のWebの世界では、いかにセグメントされ嗜好にあった広告を出すことにより効果を得ています。

今までのマスメディアにょうに広告を配信するだけの時代は終焉を迎えております。