SEOを意識したコンテンツをつくるには

どんなに良いコンテンツを作ってもユーザーの目に止まらなければ意味がありません。
コンテンツを作成する際にはSEO「検索エンジン最適化(Seach Engine Optimization)」を意識することが重要です。
SEO対策とは、検索エンジンに評価されやすいようにWebサイトの構造やWebコンテンツの内容をチューニングすることを指します。
SEO対策が成功することで検索結果における順位が上がり、Web サイトへのアクセス数は増えます。

ただ単にアクセス数を伸ばすだけなら、TwitterやFacebookなどのSNSで拡散されるなどの方法もあるかもしれません。SNS経由のアクセスよりも検索エンジン経由のアクセスのほうが優れている点があります。

◆「そのコンテンツ(情報)」を集めている人を集客しやすい
◆継続して露出することができる

それではどのように検索エンジン(主にGoogle)から評価されるコンテンツを作っていけばよいのでしょうか。
Googleが提供している「Webマスター向けガイドライン」には、Googleから評価されやすいコンテンツを作る上での基本方針が書かれています。

◆品質に関するガイドラインー基本方針

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
・ユーザーをだますようなことをしない。
・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

Google「Webマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」より
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

この基本方針からGoogleが検索ユーザーのことを第一に考えていることがわかります。
つまりGoogleで上位表示されるためには、検索ユーザーが満足するような利便性の高いコンテンツを作ることなのです。